ロータリーって何?

奉仕の理想を追い求める国際組織です

ゴードンR.マッキナリー
2023-24年度国際ロータリー会長
サウスクイーンズロータリークラブ所属

 

 

 国際ロータリーに所属する日本ロータリーには17の地区があり、その一つである第2550地区には栃木県全域が包含されています。さらに2550地区は、第1~9の9つのグループに分かれており、合計48のロータリークラブが所属しています。

 2023~2024年度、第1グループに所属する黒磯ロータリークラブ会員は、三井福次郎(佐野RC)地区ガバナー、君島孝明(大田原中央RC)第1グループガバナー補佐、稲垣政一( 黒磯ロータリークラブ)会長という陣容の下、日々の奉仕活動に取り組んでおります。

 

2023~2024年度 黒磯ロータリー会長の抱負と目標

この度、歴史ある黒磯ロータリークラブの第 64 代会長に就任いたしました稲垣政一です。 この素晴らしいクラブの歴史と伝統を継承し、With Corona から After Corona に向けクラ ブ活動の再構築を目指し、より一層の発展に向けて全力を尽くす所存です。会員の皆様方に は、今後ともご指導とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。 2023-24 年度ロータリー会長ゴードン・マッキナリー氏は、「世界に希望を生み出そう」 をテーマに、平和推進の継続的な取り組みや、メンタルヘルス問題に焦点を当てることを提 唱しました。ウクライナの人々への支援やポリオ根絶への取り組みも強調し、ロータリー会 員に新たな緊急感を呼びかけ、平和で希望に満ちた世界を築くために力を注ぐよう促しま した。 第 2550 地区、三井福次郎ガバナーは地区スローガンとして「ロータリーの基本はクラブ です」「クラブを通したロータリー生活を楽しみましょう」「言葉や口先だけでなく行動をも って誠実にロータリーを楽しみましょう」を掲げ、地区方針として以下の 6 つの重要な取 り組みを示しました。

① クラブ活動の再構築

② 3 年後あるいは 5 年後のクラブを描きましょう

③ 仲間を増やそう

④ 次の世代へのより一層の援助を

⑤ ポリオ撲滅に力を注ぎましょう

⑥ ロータリーを広く知ってもらおう これらの方針をもとに九つの重点施策を掲げております。

① 仲間を増やしましょう、純増 2 名

② 「つながり」を重視した魅力あるクラブ作りを 委員会を月に一度は開催しましょう

③ 次の世代への援助を提供しましょう ロータリー財団への寄付目標一人 150 ドル、ポリオプラスへ 30 ドル 米山記念奨学会支援一人 19,000 円

④ クラブ活動の再検討

⑤ 組織の運用効率化を図るためにデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進

⑥ 皆様の知識を得るために My rotary への登録を

⑦ 次の時代のリーダーを育てよう

⑧ 広報活動の重要性

⑨ ポリオ撲滅にグループ(又はクラブ)でアピール行動を起こしましょう 第一グループ君島孝明ガバナー補佐におかれましても、この地区方針と重点施策の実現 に取り組み姿勢を強調されております。 これらを受けまして黒磯ロータリークラブの会長方針として下記の目標を掲げました。

1. 例会の充実 親睦行事の実施

2. 会員純増 2 名

3. 委員会活動の充実 "Face to Face"直接対面でのコミュニケーションや交流を増やす。

4. ロータリー財団支援:US$180/1 人(財団$150+ポリオプラス$30)

5. 米山記念奨学会支援:19,000 円/1 人

6. My Rotary 登録・DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進

 

      2023-2024年度

国際ロータリーのテーマ

   会長  稲垣 政一

        次回例会

 2023年 9月 27日 (水)

場所:割烹 石山 

       

12:30 点鐘 

雑誌委員会

 

 

 

 

編 集 :  広報委員会

委員長  北畠 大輔

副委員長  永山 三芳

委員    高木 慶一