ロータリーって何?

奉仕の理想を追い求める国際組織です

シェカール・メータ
2021-22年度国際ロータリー会長
カルカッタ‐マハナガル・ロータリークラブ所属(インド、西ベンガル州)

 

 国際ロータリーに所属する日本ロータリーには17の地区があり、その一つである第2550地区には栃木県全域が包含されています。さらに2550地区は、第1~9の9つのグループに分かれており、合計48のロータリークラブが所属しています。

 2021~22年度、第1グループに所属する黒磯ロータリークラブ会員は、石田順一(真岡RC)地区ガバナー、富田勤(西那須野RC)第1グループガバナー補佐、荒牧明二( 黒磯ロータリークラブ)会長という陣容の下、日々の奉仕活動に取り組んでおります。

 

2021~2022年度 黒磯ロータリー会長の抱負と目標

 この度、黒磯ロータリークラブ第62代会長に就任することになりました。会員の皆様のご指導、ご協力を頂きながら、新しい決意でこの一年、「挑戦」と「行動」で進んで行きたいと思いますので。皆様よろしくお願い申し上げます。

  2021-2022年度国際ロー タリークラブ会長シェカール・メータ氏は「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」をテーマに掲げ、目標に「会員を増やしてロータリーの参加者基盤を広げる」「世界に奉仕してより大きなインパクトをもたらす」を掲げました。 また、第2550地区石田順一ガバナーは「未来のクラブを描きましょう」をテーマとし、「増強は最大の社会貢献である。ロータリー奉仕デーの実施」を掲げました。

 これらを踏まえて、20212022年度、黒磯ロータリークラブは、会員増強2名、例会の充実、親睦行事の充実。創立60周年記念事業の開催をしてまいります。

  昨年からの新型コロナウイルス感染発症の蔓延により、会員同士の親睦もままならず、一日も早く回復し楽しい親睦が出来ますように。奉仕と増強の実践により楽しいクラブ作り、更なる活性化と魅力あるクラブづくりに勤めてまいります。

  

【本年度の計画】

 1.例会の充実楽しい親睦行事の実施

2.奉仕活動の充実全会員の参加

3.会員増強純増2

4.米山記念奨学会19,000/1

5.ロータリー財団の寄付目標達成US180/1人(財団$150+ポリオ・プラス$30

6.創立60周年記念事業に向けて、

7.ハイブリッド会合の推進

 

第62代黒磯ロータリークラブ

会長 荒牧明二 

      2021-2022年度

国際ロータリーのテーマ

   会長  荒牧明二

        次回例会

 2021年 10月27日(水)

  場所:割烹 石山       

編 集 :  広報委員会

委員長  永山三芳

副委員長 吉光寺政雄

委員   黒澤 洋一

委員   瀧田 雅仁